ちゃんとこまめに飲もう!水分は大事

冬は当然ですが寒いのでつい水分を採るのが控えめになりがちです。乾燥肌は当然個人差によりけりと思いますが
意外と気が付かない原因だったりもします。

 

私が自分の乾燥肌の原因に気が付いたのは同僚の一言でした。
昔から乾燥肌で悩まされていた私は、会社の休み時間に同僚に乾燥肌の愚痴をこぼしていました。
そこから美容の話は化粧品の話など盛り上がっていたところ、一人の同僚が私に向かって

 

「水分ちゃんととってる?」

 

と 聞いてきたのです。言われて見れば冬は大体水分とる回数は
朝食の時にコップ一杯、昼食の時に一杯、そして夕食の時に一杯、寝る前に飲む時もある程度です。
一日にとる水分量としてはとても少なかったのです。
同僚は日ごろから観察眼が鋭い人だったので、私があまり水分を飲まないのが気になっていたようです。
冬は寒さのせいと、水分とるとトイレが近くなってしまう事もあり、つい水分控えめになってしまいます。

 

私はこの同僚の言葉を聞いてから意図的に水分をとる事にしました。寒くて飲みたく無い時でも
飲まないと乾く!と自分に言い聞かせてチビチビと飲んだりしました。

 

その結果かどうかはわかりませんが、今年の冬は今までと違いあまり乾燥肌に悩まされていません。
毎年寝る前は乾燥から背中がかゆくていつも孫の手を近場に置かないと落ち着かなかったのですが
今年は孫の手のお世話になる回数がほぼありません。

 

去年の冬は、お風呂上りに毎日背中にクリーム塗る苦労をしていたけれど今年は背中ほったらかしでも大丈夫です。
寒くても水分は大事なのでした。